なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

2021年11月28日(日)開催

『さくっとパントマイム』とは…?

お客様にとっても、
気軽な気持ちで「さくっと」ご覧いただける
❝敷居の高くない❞舞台を。

出演者にとっても、
よそ行きではなくて【カジュアル】なパントマイムの公演を。

それが「さくっとパントマイム」なのです。


11月28日(日)
14:00~ と 18:00~
(開場は開演の30分前)

前売り・当日 共に2000円


オンライン配信『観劇三昧』

●「さくっとパントマイムVOL.52」14:00~ は
https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/527
から。

●「さくっとパントマイムVOL.52」18:00~ は
https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/528
からお求め下さい。
(11月19日 9時発売)



出演者紹介

ななな

★略歴
東京マイム研究所でマイムを。クラウンカレッジジャパンでクラウン芸を学んだ後、イベント出演の傍ら、劇場クラウニング作品の創作上演をライフワークとして続けています。


★作品のタイトル 二本を予定しています。

 「ないんです」「おばけのラジオ体操」

 ★さくパンへの意気込み、作品の見どころなど。

やってることマイムじゃないじゃんとよく言われます。私が創作しているのはクラウニング作品ですが、マイムを学んだことにより演劇的身体表現の可能性が広がり、オリジナルへんてこ作品が生まれています。

毛嫌いしないで観てねー。
しいなまん
★略歴
学生の頃、夏休みに「としまえん」でバイトして、ハワイアンショーや回転木馬を舞台にしたミュージカル、欽ちゃん一座の芝居などの裏方に従事し、舞台芸術に目覚める。そこで初めて楽しいことに真面目に取り組んでいる大人たちを見た。 なんだかんだあって東京マイム研究所の門を叩き、なんだかんだあって大人というものになっていつの間にかおじさんになった。今に至る。

★作品のタイトル 未定

★さくパンへの意気込み、作品の見どころなど。

いつも社会派を標榜して社会問題に絡めた感じの作品を作っていたが、今回はサクッと軽い感じのものを作ろうと思ってて、そしたら衆院選が始まって山本太郎の演説聞いて最高だぜと盛り上がり、危うく社会派に戻りそうになったが、本文執筆時点では白紙。さて、当日までにどうりますか。

ガンビ魁士

★略歴
学生時代に演劇、映画制作部を作り、マジックバーでアルバイトをする。 東京に上京し、パントマイムを使ったお笑いグループを作り活動。
2016年から年一回パントマイム公演をおこなう。 2019年からガンビー魁士として活動し、イベント、大道芸、演劇祭、お笑いライブに出演 他に脚本家、お笑いの構成作家をやっています。

★作品のタイトル   未定

★さくパンへの意気込み、作品の見どころなど。

パントマイムを使ったコントをやりたいと思っています。 見てくださった人に楽しんでもらえるように頑張ります。

エンジョイJoy

★略歴
大道芸やイベント企画の他にも事務・会計作業までこなします。 いつの間にか色々なスキルがついたのですが 大道芸の客寄せだけは未だ完璧にこなせません。

細かい事はこちらから。
http://enjoyjoy.net/Top.html


★作品のタイトル
「最終回-至高のチャーハン-」

★さくパンへの意気込み、作品の見どころなど。

突然ですが「最終回」です 漫画が大好きでさまざまな作品を読むのですが、最終回(最終巻)の勢いや 登場人物大集合!な表紙とかたまらないですね。 どこかのラーメン屋でたまたま取った漫画の最終巻を読むような気持ちで楽しんでください!

GOICHI

★略歴  

TOKYOマイムカレッジ(TMC)を2019年に卒業

 ★作品のタイトル

『AIとぼく』

 ★一言コメント

 一人暮らしのぼくの家にAIロボットが来た。その日から全てが変わり始めたーー。

2019年の卒業公演でやった作品を再構成しました。さくパンは初出演。ワクワクが止まりません。

ガンビ魁士

★略歴
学生時代に演劇、映画制作部を作り、マジックバーでアルバイトをする。 東京に上京し、パントマイムを使ったお笑いグループを作り活動。
2016年から年一回パントマイム公演をおこなう。 2019年からガンビー魁士として活動し、イベント、大道芸、演劇祭、お笑いライブに出演 他に脚本家、お笑いの構成作家をやっています。

★作品のタイトル   未定

★さくパンへの意気込み、作品の見どころなど。

パントマイムを使ったコントをやりたいと思っています。 見てくださった人に楽しんでもらえるように頑張ります。

パントマイムレクチャー

シスターひろみ

STAFF
★音響・照明 松田充博 ★映像配信 内田将大
★舞台写真撮影 岩船Gan雅美 ★企画制作 マイムリンク
★チラシ&特設サイト作成 佐藤栄治
★協力 スタジオ エヴァ・TOKYOマイムカレッジ

文化庁『ARTS for the future!』補助対象事業




会場

スタジオエヴァ

新宿区百人町2-6-7ライズ高踏園ビル地下1階

山手線・新大久保駅 徒歩5分
お問い合わせ・お申し込みはマイムリンク事務局
mimelink@pantomimeweek.com
までお願いいたします。

★ご来場の皆様へ★
新型コロナウイルス感染症の発生に関しまして、感染拡大の防止に細心の注意を払い、公演の準備を進めて参ります。

ご来場のお客様におかれましても、手洗いやマスクのご準備、感染防止策へのご理解とご協力を頂けますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

◎感染防止の為、マスクのご着用をお願い致します。

◎会場入口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください

◎現時点では、お客様を劇場に入れての公演を予定しておりますが、今後の感染者数などの状況により無観客での配信のみとなる可能性もございます。ご了承くださいませ。

◎通常60人入るところを、ソーシャルディスタンスを考え最大26名とし、間隔を開けての客席作りを心掛けます。


この公演はARTS for the future!の補助対象事業です。